MENU

もし配偶者が不倫している疑いがあり、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、一律いくらとか安価なところは魅力的です。しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。やはり安かろう悪かろうということがありますからね。お金を払って依頼するなら、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかも調べておくと良いでしょう。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、男の方を相手どって裁判を起こしたいのだそうです。結構マジメな話です。気持ちは分かりますが裁判となると裁判費用などがかかるのではないでしょうか。写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言っておきました。不倫する人というのは明るそうに見えても、鬱状態に陥りやすいようです。理由は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを持っている時間が長くなり、精神面や体の不調として出てきます。それに、取り残された配偶者もウツになりやすいと言えるでしょう。浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。それには遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。大抵の人間はウソをつくとき、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。また、少し訊かれただけで、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。隠し事があればあるほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。落ち着かず目を泳がせるので、見ていてすぐ判別がつきます。一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているケースも見られます。高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、必ずしも比例するとは言い切れません。高額な料金を請求しておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったという結果に終わらないよう、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいはチェックしておいた方が良いでしょう。このごろは技術が進み、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を容易に把握できるようになりました。GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使用させることにより、今いる場所が分かってしまうのはすごいですね。それで罰則があるというわけでもありませんし、独力で浮気を発見するにはGPSが役立つかもしれません。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で仕事を辞めさせることはできないようです。そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、社内の秩序や風紀をみだす畏れという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、それ以上の処分にはならずに終わることが多いようです。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、心ゆくまで「報い」を受けてもらうことができます。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や親族などに密告する人もいるようです。転職や家庭崩壊など、それなりの報いを受けるわけです。興信所に調査を依頼するには、さしあたっては電話をかけましょう。実際に相談員と話して、細かく相談したいと思ったら、最寄りの営業所まで行きます。その場で打ち合わせをして依頼するという段取りになったら契約になります。ここへ来てやっと実地での調査が始まるでしょう。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、携帯をチェックしようとしたら、きっちりロックでガードされていて、なんの情報も得られませんでした。言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、最初の一歩を踏み出せないでいます。最近の探偵業者は、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが結構あります。初めて探偵の仕事を依頼するのですから、活用して損はないと思います。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。また、相談員と話していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて仕切り直しできるので、おすすめです。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、パートナーにしてみれば、人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。そんな不埒な行いを野放しにすることはできません。不倫行為の裏付けをとる手段は色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。もし配偶者が浮気していた場合、代償として慰謝料を求める権利があります。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、話がややこしくなりがちです。もめ方によっては訴訟になるケースもあるので、そうなる前に弁護士にお願いして、なるべく円満な解決を目指すというのも手です。浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、実に気になるところだと思います。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、相手の会社ではなく、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで顔合わせするという手段もあります。不本意な契約を未然に防ぐことができます。浮気の気配を感じたら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、無料で相談してみると安心で良いでしょう。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、見知らぬところに不倫調査をしてもらうのは、いささか心配でしょう。そうした心配を解消するために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、調査対象が身近な人間なわけですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。同じことでも探偵に依頼すれば、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒させずに不倫調査を行う技術があるので、自分や知人などが調査するより確実に証拠を集めることができるのです。もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、そこそこまとまった費用が必要になります。探偵業務にかかる費用は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで20万円(4万円で5日間)程度はかかると思って間違いないでしょう。調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、なにを依頼するにしても50万から60万くらい用意しておくと良いでしょう。ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面につきるでしょう。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。ちゃんとした証拠として使えるような写真を撮影しなければ意味がないので、最初から興信所などを手配したほうが賢明でしょう。大手以外にも多くの探偵業者がありますから、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判が出てくるはずです。自分が住んでいる近くで好評価を得ている探偵を見つけて、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、その成果も期待できます。この頃はついうっかりスマホを放置して、不倫が露見するといったケースも増えてきました。パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に不倫の履歴が隠れていると考えられます。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと考えて間違いないでしょう。最新技術の普及により、個人でもGPS機能を使えば浮気を簡単に見つけられるようになりました。GPS機能つきのスマホを持ってもらうことで、ほぼリアルタイムで位置情報がわかるのです。法律に触れることはないので、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、これを使ってみるのも手ですね。たちの悪い興信所にあたってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。相談に行っただけなのに事務所に足止めし、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は要注意です。一度断ったのに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。しっかりした探偵社なら、そんなことはしないはずです。かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、その証拠を集めるには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠です。地道といいつつも予想外の出来事は多く、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益をもたらしかねませんので、徹底的に注意を重ねるのは言うまでもありません。不倫というのは一生続けられるものではありません。不貞行為を責められた挙句、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてケースもあるでしょう。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。いずれにせよ、めでたしめでたしと言えるエンディングは、金輪際ありえないのです。興信所に調査を依頼するには、ひとまず電話をかけて話をしてみることからスタートです。電話を通した相談で感触が良く、その上で詳細な話をするとなれば、営業所に行きます。その場で打ち合わせをして信頼できる会社だと思ったら契約になります。ここへ来てやっと実地での調査が始まるでしょう。ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう後を追って、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。調査していることがバレることはほとんどありませんが、調査員は対象の動きを先読みして予測しなければいけません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で圧倒的多数を占めるのは、パートナーにバレたからというものです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではありませんから、結局のところ、その道のプロである探偵に不倫の調査を依頼するのが効果も高いうえ確実です。そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、従来は発信機がありましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、昔の発信機と違って追跡性能が向上しました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。GPS を取り付けることができれば追尾の成功率はグンと上がるのです。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと思っているみたいです。でもそうなったら訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、慰謝料を求めたうえで、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと言っておきました。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。真正面からスパッと訊いてみましょう。大抵の人間はウソをつくとき、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。隠し事があればあるほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもすぐ判別がつきます。

 

借金地獄
借金ブログ